HOME > 受信される方へ > よくある質問
よくある質問
初めての受診です。何か用意していくものはありますか。
保険証を忘れずにお持ちください。
「佐賀市の乳がん検診無料クーポン」をお持ちの方、または「佐賀市の乳がん検診」を希望される方は、受付にてお伝えください。
お電話でご予約いただけるとスムーズに対応できます。予約の方が優先ですが、当日受診枠もありますので、お電話で確認をお願いします。

こいけクリニック TEL0952-20-3111
子どもを連れて行っても、大丈夫でしょうか。
キッズスペースを用意していますので、子どもさんとも安心して一緒にいることができます。
マンモグラフィーの撮影は被ばくの問題がありますので、お母さんと離れることになります。
授乳中ですが、検査は受けられるのですか。どうすればよいですか。
授乳中は、マンモグラフィーでは乳腺濃度が高くなり病変がわかりにくいので、
基本的には、エコー検査をおすすめします。
胸にしこりがあるようなのですが、乳がんなのですか。不安です。
乳房にしこりがあるから乳がんという訳ではありません。
少しでも気になることがありましたら、診察することをおすすめします。
乳房痛があり心配ですが。
乳房痛の原因で一番多いのは乳腺症です。月経周期に合わせて(月経前、排卵期に多い)エストロゲンの影響で乳房張り、乳房痛がでることがあります。
それ以外でも乳腺炎や乳がんで乳房痛がでることもありますので、乳房痛持続するときは受診してください。
検診の結果はすぐに分かりますか。
こいけクリニックでは診察・マンモグラフィー・超音波検査を同日行い、画像を高精度モニターで確認し診断します。細胞・組織検査は約1週間後に結果が分かります。
検診はマンモグラフィー検査と超音波検査のどちらが良いですか。
乳がんは腫瘤(しこり)で発見される場合と石灰化で発見される場合があります。石灰化病変の確認にはマンモグラフィー検査が非常に有効です。
腫瘤の確認には超音波検査が非常に有効です。 50歳以下、授乳歴がない女性は乳腺濃度が高く、マンモグラフィー検査だけでは腫瘤が確認できない場合がありますので、マンモグラフィー検査と超音波検査の併用をお勧めします。
マンモグラフィー
マンモグラフィー検査は放射線被爆しますか。
2方向撮影で0.05- 0.15mSv被爆しますが、ほとんど身体に害にならないくらいの被爆量です。ちなみに0.05- 0.15mSvは胸写2回分と同等の被爆量です。
乳がんになる危険因子は何がありますか。
<乳がんの危険因子>
 乳がん家族歴が多い、卵巣がん家族歴が多い
 未婚、未出産
 喫煙、アルコール
 
 <乳がんと関連なし>
 大豆摂取
 乳製品摂取について乳がんとの関連は、はっきりとは分かっていない
乳腺外来のご予約は 乳がん検診 乳腺診療